エネルギー伝授とは

エネルギーを創るとは、どういうこと?

わたしは、よくエネルギーを創ります。
ルナサクヤで提供しているほとんどのエネルギーワークは、わたしの方で創っています。

何故、エネルギーを創れるのかというと、エネルギーを創ることができるスピリチュアル的技術を学んでいるからです。
その技術を使うことによって、エネルギーが創れるようになりました。
わたしは、この技術を学んで11年以上経っています。

創る内容によって、リサーチやチャネリングが必要になります。
すぐに出来るエネルギーもありますが、何か月かかかるエネルギーや数年かかるエネルギーもあります。

そのエネルギーは、創る人によって、宇宙で唯一のエネルギーとなり、他の誰もが同じものを創ることができません。

エネルギーは、基本的に地球や宇宙にチャネリングして、必要な情報や要素を集めることから始めます。
その際に、高度な情報や叡智を持っている存在達から、必要な要素を頂く場合もあります。

それらを使って、創ることになります。
創り方は、特殊なスピリチュアル技術を学んだ人だけが知ることになります。

エネルギーワークはどのように働きますか?

創ったエネルギーにもよりますが、何パターンか働きかけ方が違います。

エネルギーワークを行ったあと、すぐに浸透して働きかけるようになっていますが、意識のどこかにピンポイントで働くようにしているエネルギーや、前世など過去にも働きかけるように創っているものやしばらく継続して数日~1週間程度働きかけるようになっているエネルギーもあります。

ただし、ずっと継続して働きかけるのは、1週間程度になっています。
何故かというと、人は変容していくことに対し、不安を感じるものです。
そのため、強引に変容を進めてしまうと抵抗が強くなるため、逆に変容に対し、不安や恐怖が強くなると進みにくくなるため、短期間を回数かけて変化するようにしているのです。

短期間だと、抵抗も少なく可能な範囲から変化が始まるため、逆に細かく回数に分ける方法になっています。
すでに覚醒が進んでいる人は、変化の範囲が大きくなります。

施術者とイニシエーターについて

こちらで提供しているエネルギーワークは、施術者伝授とイニシエーター伝授(伝授者伝授)があります。
施術者伝授とは、そのエネルギーワークと自分もしくは他者に行うことが可能になる伝授になっています。
そのため、スピリチュアルの仕事を行っている人や、自分もしくは家族のために施術者伝授を受けられる人達が多いです。

イニシエーター伝授(施術者伝授)は、スピリチュアルを教える立場の人や、伝授が必要なクライアントをお持ちの人が受けることが多いです。
ただし、イニシエーター伝授は、ある程度技術を使う必要があるため、ルナサクヤイニシエーター講座を受けている人が対象となっています。

わたしの伝授を伝授する場合は、わたしの伝授の意図を同じように伝えられるような能力が必要となってくるため、その開発が含まれることになります。
もしくは、高度な伝授の場合は、途中までわたしが手伝う伝授もいくつかあります。
それもすべて、同じ能力やワークが伝授できるようにするためとなっています。

イニシエーションについては、以前のブログもありますので、参考までに読んでください。

ちなみに、エネルギーを創るスピリチュアルな技術を学ぶには、イニシエーター講座は最低限必須となりますが、スピリチュアル的技術の講座を受講できるかは審査があります。何人もの生徒さん達が受講していますが、使いこなすには、経験や指導が必要となっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。