チャネリングスキルを伸ばす方法

チャネリングの特徴

チャネリングの特徴ですが、
ここでの特徴で言うと、

ハイヤーセルフに繋がるとか
アセンデットマスターに繋がってメッセージをもらう
もしくは
宇宙の情報を受け取れるようになるなど
初級レベルから上級レベルの
様々なチャネリングのスキルを使って
チャネリングを行う・・・ことになります。

チャネリングのスキルとは

ここで、チャネリングのスキルって何だろう?と
思う人もいると思います。

ハイヤーセルフにしても、
宇宙にしても、
繋がる場所が違う・・・ということと

受け取る情報が違う・・・ということ

自分が欲しいと思う、情報を
必要な場所から受け取るには、
そこの情報を読み解くことが必要になります。

繋がっても、よくわからないということって
あると思うのですが、

それは、情報を得ていても、
自分が持っている知識や情報などから
理解できないので、分からないということが
多いのです。

チャネリングスキルを伸ばすには・・・

繋がっていると感じていても
その情報が
自分では理解できない・・・と
いうことって、よくあると思います。

その場合は、
知識や経験不足のことが多いです。

理解するのは、自分なので、
自分が知っている範囲でしか
結局は理解できないのです。

理解できないことがあったら、
まずは、自分ができる範囲から
その知識を少しでも自分に取り入れる

例えば、本を読むとか、
知っている人から話を聞くとか などして

自分が理解できなかった情報が
理解できるように伸ばしていくことは
必要なことです。

例えば、外国語がそうですが、
その言語を知らないと、聞いても
何を言っているのか
理解できないですよね。

チャネリングも、
自分が知らない情報を得ようと
する場合は、少しでも

それに関する知識を
身に付ける方が
受け取った情報を理解しやすくなります。

では、クライアントさんの情報を
リーディングする場合はどうでしょう・・。

クライアントさんの情報を(チャネリング)リーディングする・・

には、

自分のことを知ることが重要になります。
自分が分からなければ、他者を理解するのは
難しいと思います。

内省が浅いと、
浅いチャネリングしかできません。
何故なら、それ以上に深い部分に
必要な情報が隠されていることを
知らないからです。

日記をつけましょう

内省が苦手と言う人は、
日記を書くことをお勧めします。

今日の自分を振り返って、
自分の感情、思考、行動を思い出してください。

どういう時に、嬉しいと感じていましたか?
どういう時に、腹が立ちましたか?

そして、その感情の時に、どういう行動をしましたか?

この辺りは、最低限行いましょう。

さらに深く日記を書いていくなら、

何故、嬉しかったのでしょうか。
何故、腹が立ったのでしょうか。

例えば褒められたから嬉しかった・・と
書いた場合、

何故、褒められたら、嬉しいと感じたのでしょうか・・・。

とさらに自分の感情の起点を深めていくのです。

そうすると、
褒められたら、いい気分になったからとか、
自分が誇らしく感じたなどの理由が出てくるかもしれません。

そこで、終わりではなく、
さらに深めていく・・・のです。
何故、いい気分になったのでしょう。とか
何故、誇らしく感じたのでしょう・・・など

もちろん、ここで終わりではなく、さらに深めていきます。

そうやって、自分の感情、思考、行動を
深く内省していく・・・ことが自分を知るということです。

内省できたら、何故クライアントさんのチャネリングが上手になるのでしょうか

それは、どこに問題の根本原因があるのかを
自分を内省したように、

クライアントさんの情報を
チャネリングで得られるようになるからです。

自分が内省できれば、
クライアントさんの根本原因が
どこにあるのかが、自然とわかるため、
その情報にアクセスしやすくなるのです。

チャネリングはどこに繋がり、リーディングするのでしょうか

チャネリングは、すべて情報がある層に繋がり
情報を得ています。

そのため、自分が欲しい情報がある場合は、
どこから、その情報を得るのが良いのかを
チャネリングを使って確認していきます。

そして、自分が欲しい情報がある場所が
わかったら、そこにアクセスして情報を
リーディングしていく

もしくは、

欲しい情報をガイドに頼んで、
ガイドから情報を得るという方法もあります。

わたしの場合は、どちらも行っています。
それ+、龍に頼んで情報を運んでもらっています。

チャネリングは誰にでも出来る方法です

チャネリングは、誰でも出来る方法です。

例えば、私たちは、知らずに、直観を使っています。
また、何か胸騒ぎがしたり、何か嫌な予感がしたりと
自然とチャネリングしているのです。

ただし、使い方を学ぶことで、
そのチャネリングをもっと伸ばすことができます。

わたしも、子供のころから
チャネリングを行っていましたが、
学ぶことで、さらにチャネリングの能力やスキルを
伸ばすことができました。

チャネリングを学びたいと思ったら、
こちらをご確認ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。